gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
きずなカフェ
  • HOME >
  • きずなカフェ

きずなカフェでは、医療関連や法律関連を始めとした、様々なお役立ち情報を配信しております。
是非ご一読ください。

【第2回】「思いっきり涙を流しましょう」看取りの先へ

ベトレヘムの園病院  院長 青木信彦

 ベトレヘムの園病院には重度の疾患の方が入院しています。カトリックの病院ですので基本的な診療とともに、患者さんを「見守る・支える・看取る」ことの一つひとつを大切にしています。この1年間に33名の方が天国に召されました。昨年11月末、秋津教会マリアホールで帰天された方々のご家族をお招きして、「追悼の祈りの集い」が催されました。
 ご遺族にとって亡くなった病院に足を運ぶことは決して容易なことではないのですが、半数以上のご家族が参加されました。

 患者さんのお世話をされた「きずなの会」の方々にも出席いただきました。「追悼の祈りの集い」は神父様の温かい言葉に始まり、最後にはご家族の一人ひとりにお話をしていただきました。
 大切な身内を失った今の気持ちを率直に述べられました。入院に至るまでに体験された出来事や生前に語っていたエピソード、さらには「思い出すのもつらい」、「胸が張り裂ける思い」、などなど。どなたも涙を流 さずに語ることはできませんでした。お世話をさせていただいた病院職員も目を真っ赤にしていました。入院中とはまた少し違って、真の気持ちを聞くことができたように思われました。世間では「いつまでもメソメソしていたら、仏さんが浮かばれませんよ」などということもありますが、涙の泉が枯れ果てるまで泣いてみることも良いのではないでしょうか。


 私の場合も、すでに10数年も経ちますが、亡くなった父母のことを思い出すと止めどなく涙があふれます。泣く事の少ない時代です。言い換えれば泣くほどの感動が少ないのかもしれません。人生で、親しい身内との別れほど悲しいことはありません。そんな数少ない貴重な場面では沢山の涙を流してはいかがでしょうか。涙をこらえる必要はないのです。
 ひとの痛みを感じること、ひとの辛さに共鳴することは人間が人間だからなのです。「追悼の祈りの集い」を終えて、あらためて感じたことは、例外なく訪れる人生の終焉に、去り行く人と共に時を過ごして、「見守る・支える・看取る」ことの大切さでした。
【第2回】「思いっきり涙を流しましょう」看取りの先へ
青木信彦プロフィール:
1944年 東京生まれ、栃木県足利市育ち 
1970年 東北大学医学部 卒業
1972年 都立府中病院 脳神経外科 医員
2005年 都立府中病院 院長
2010年 都立多摩総合医療センター 院長
2012年 多摩北部医療センター 院長
 (都立多摩総合医療センター名誉院長)
2014年 ベトレヘムの園病院  院長
ベトレヘムの園病院ホームページにも紹介あります。