gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
きずなカフェ
  • HOME >
  • きずなカフェ

きずなカフェでは、医療関連や法律関連を始めとした、様々なお役立ち情報を配信しております。
是非ご一読ください。

【第1回】成年後見人と身元保証人はどう違うの?

名城法律事務所 弁護士 野本智之

「成年後見人」、「身元保証人」最近はよく耳にする言葉ですが、その違いを明確に答えられる人は多くないと思います。
 介護施設の職員の方でも身元保証人のことを「後見人さん」と呼ぶ方もいらっしゃいます。しかし、両者の役割は全く違います。
 成年後見人は、判断能力が劣っている人(以下「本人」と言います。)の法定代理人として裁判所から選任された人で、本人に代わって財産の管理や契約を行う人のことを言います。身元保証人は、病院や介護施設と入院や入所の契約をする際に利用料等の支払いや身柄の引受について、利用者とともに責任を負う人のことを言います。
 成年後見人と身元保証人の違いを理解する上で重要なことは、自分自身が責任を負うかどうかということです。
 成年後見人は本人の代わりに契約手続きをする人であり、成年後見人自身が対外的に法的責任を負う義務はありません。

 一方、身元保証人は病院や介護施設との間で、利用者のために利用料の支払いや利用者の身柄の引受について責任を負う約束をする人であり、身元保証人自身が対外的に法的責任を負います。成年後見人は本人が介護施設等に入所する際には身元保証人になる義務はありませんので、通常、成年後見人は身元保証人にはなりません。
 そうなると病院に入院するときや介護施設に入所するときに困ることがあります。入院や入所する場合、ほとんどの病院や介護施設で身元保証人を立てるように要求されます。成年後見人が付いている場合でも成年後見人は身元保証人になる義務がありませんので、成年後見人が身元保証人になることを拒否した場合は本人が入院や入所ができないことになってしまします。

 成年後見人と身元保証人は全く別の役割を担っており、成年後見人が付いているからといって本人の生活が必ずしも安定するとは限らないのです。
【第1回】成年後見人と身元保証人はどう違うの?
名城法律事務所 東京事務所
〒171-0031
東京都豊島区目白二丁目16番地19号 若林ビル5階
Tel 03-6912-7104 Fax 03-6912-7105
弁護士  野本 智之