gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
きずなカフェ
  • HOME >
  • きずなカフェ

きずなカフェでは、医療関連や法律関連を始めとした、様々なお役立ち情報を配信しております。
是非ご一読ください。

第13回 「婚活パーティ」参加の意外な目的と効能

ノンフィクション作家・新郷由起

 近年、中高年の婚活市場は活況に沸き、独身者はもとより、途中でパートナーと離別、あるいは死別により単身者となった方の中には、今後の“人生の伴走者”を求めて出会いの場へ繰り出す人が増加傾向にあります。
 何せ、平均寿命が男女とも80歳超となって、統計上では還暦を過ぎてから20年以上を生きる時代に突入しているのです。
 この先も長く続く人生を「趣味や感覚の合う相手と一緒に楽しみたい」とする、前向きな姿勢と意思力はそれだけで若返り効果が得られ、“お相手探し”自体が新しい人生の目標となって、「生きるハリが生まれた」と打ち明ける人も少なくありません。

 そうはいっても「いい年をして婚活など……」と、少しばかり尻込みをしてしまうかもしれませんね。
 でも実際に、筆者が婚活パーティの取材現場で出会った最高齢者は男性で91歳、女性が86歳です。
「いい人が見つかれば言うことないけど、何より、きちんとした格好をして出掛けて、同輩と楽しいひとときを過ごせるのが嬉しい。心が華やぐ」
 同種の発言は大変多く聞かれ、実はこうした目的からサークル感覚で集まりに参加する方も非常に多いのです。

 一口に「婚活」と言っても手段はそれぞれ。
「何が何でもパートナーをゲットしたい!」と意気込む向きは、相応の費用を投じて結婚相談所に登録するのが王道ですが、イベント会社や市区町村主催の熟年パーティや単発イベントでは参加費も低額な分、敷居も低く、気軽にエントリーできる長所があります。

 年を重ねるに連れ、どうしても「楽しい」会合や、お洒落をして外出する頻度も少なくなりがちです。
 熟年の単身男女ばかりが集まる場では、境遇や世代性から共通の話題も多く、ここだけの話、女性の参加者では同性の気の合う人と出会って、たくさんのお友達をつくられる方も目立ちます。
 生きて行く上で「談笑できる相手」はどうしても必要ですし、異性の視線がある場へ身だしなみを整えて出掛けるのは、暮らしに“非日常”を演出して背筋を正す役割も担います。

 パーティではドレスコードがない場合でも、男性はジャケット着用で女性ウケが3割以上増しに。女性は桜色や山吹色など明るい色合いの服や小物の配色で、明朗で健康的な印象に加え、女性らしさをアピールできます。
 なお、いくらハイセンスなデザインでも、男女ともに真っ黒な服装は避けること。人により喪服を連想させてしまうからです。
 また、会によっては役所で交付される「独身証明書」の提示を求められる場合があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。
第13回 「婚活パーティ」参加の意外な目的と効能

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

新郷由起・プロフィール

1967年生まれ。元『週刊文春』記者。
高齢者問題に精通し、恋愛・性事情から事件まで幅広く取材・執筆。
高齢者の犯罪や心の闇に迫った『老人たちの裏社会』(宝島社刊)が反響を呼ぶ。
近著に老後の幸福格差を問う『絶望老人』(同前)。

※きずなの会は『老人たちの裏社会』『絶望老人』に取材協力しました。