gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
きずなカフェ
  • HOME >
  • きずなカフェ

きずなカフェでは、医療関連や法律関連を始めとした、様々なお役立ち情報を配信しております。
是非ご一読ください。

イタリアの単身者事情

フィレンツェ大学教授 在イタリア 鷺山郁子

 イタリアの家族、と言ったらどういったイメージが浮かぶだろうか。テーブルを囲んだ子供達の歓声の中、特大のボールに山盛りのスパゲッティを台所から運んでくるお母さん。すぐフォークを突っ込もうとする子供らをたしなめてざっくり取り分けるお父さん。確かにこういう光景が皆無というわけでもないだろうし、筆者自身、大昔、学生の頃にナポリで見聞したことがある。
 ところが、昨今の現実はかなり違うようだ。イタリア統計局などの調査によると、イタリアでは単身者が飛躍的に増えており、この10年で46%の増加率を記録したとのこと。特に都市部では、ローマで2001年に全体の28%を占めていた単身者世帯が現在では47.5%、ミラノでは32%から52,8%に及んだという結果が出ている。これには、離婚や別居の急増、また結婚年齢の上昇が関わっている。また、高齢化で一人暮らしのお年寄りが増えた事も影響していそうだ。
 こういったシングル達が、その生活に満足しているのかというと、そうではないらしい。結婚しないのは、長引く不況の影響で、経済的安定が得られないためで、実際、15−24歳では35,2%、25−34歳でも25,9%に職がないという数値はまことに深刻である。学位などに関わりなく、若者にとって安定した仕事に就くのがいかに難しいかは「卒業の日は学士様、翌日からは失業者」という笑えない警句にも明らかだ。
 当然、出生率は下がる。2015年、イタリアで生まれた子供の数は居住者1000人あたり8人、女性一人あたりでは1,37人で、ヨーロッパ連合中、最下位を記録している。

 少子高齢化問題には、相乗効果がある。お年寄りの介護は、イタリアでも家族がするのが基本だが、一人っ子だらけの昨今、昔のように兄弟姉妹が交替でその任に当たるという便宜はない。安定した職が見つからなければ年金の積立も遅れるわけで、まともな金額を貰えるようになるまで、めいっぱい働かなければならず、介護に宛てる時間的余裕もない。はたまた、息子、娘がいい歳になるまで失業者では、そちらの面倒も見なければならない。まっとうな職がないということが社会的人格形成に歯止めをかけて、いつまでたっても親に依存する若者が増える傾向にある。
 こういった負担は、概ね女性にかかって来る。親と子、双方の世話に忙殺される女性は、筆者の知人、友人にもかなりいる。そのうちの一人は、認知症の母親を最後まで看取ったが、自分自身は、行く先、子供の世話になれるとは思っていない。息子にはっきり、一人で暮らせなくなったら施設へ行ってくれと言われたし、その覚悟でいるそうだ。
 とはいえ、親を施設に預けることに抵抗を感じる人も、まだ大勢いる。その場合は、バダンテと呼ばれる付添人を雇う。主に旧東欧圏や東南アジアからの移民で、介護の訓練をうけているわけではないので、高齢者を一人にしておかないというだけのことではあるが、行政が行き届かない部分を補うには今の所これしかないようだ。
 冒頭のイメージとはうって変わって、30年前のイタリアではあり得なかった一人前の調理済み冷凍スパゲッティをあたためて、一人寂しくつつくのが、最先端のイタリアなのかも知れない。
イタリアの単身者事情
鷺山郁子・プロフィール 
フィレンツェ大学、日本語学文学教授。1981年からイタリア在住。ナポリ東洋学大学で講師を勤めた後、1987年からフィレンツェ大学に勤務。専攻は日本古典文学、特に平安時代の和歌、物語。『古今和歌集』のイタリア語訳を上梓している。