gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
きずなカフェ
  • HOME >
  • きずなカフェ

きずなカフェでは、医療関連や法律関連を始めとした、様々なお役立ち情報を配信しております。
是非ご一読ください。

「あなたの土地、高く売れますよ!」 〜 心のすきまに入り込む詐欺業者には気をつけて!〜

泉 希望子(いずみ きみこ)弁護士

「あなたの土地、高く売れますよ!」
~心のすきまに入り込む詐欺業者には気をつけて!~

「あなたが35年前に購入した北海道の原野をほしいと言っている人がいます。」
「青森の土地を外国人が購入していて、近々値上がりするから、高く売れます。」

将来の値上がりの見込みがないような山林や原野などの土地を、値上がりするかのように偽って販売する被害(原野商法)が、1970年代から1980年代にかけて、社会問題となっていました。
あれから、35年以上が経ちましたが、「土地が高く売れる」などとのセールストークをされ、土地が売れると思って土地の売買契約をしようとしたところ、測量サービスや伐採サービスなどの契約や、新たな土地の契約などをさせられ、費用を請求されるという二次被害トラブルが、現在でも横行しています。

価値のない土地を買わされたことに気付いているはずなのに、「土地を買いたい人がいる」「高く売れる」と勧誘され、再度、騙されてしまうのはなぜでしょうか。

1つには、高齢者となり、そろそろ「終活」もしなくては、と考えていたところ、昔購入した原野を思い出し、「この土地をどうにか処分できないか」、「相続の際、自分の子どもらに迷惑をかけるのでないか」との不安や焦りを感じていたところに、詐欺業者から、「今なら高く売れます」などといって、巧みにその不安や焦りを煽られることがあげられます。

そして、詐欺業者は、電話や自宅訪問をし、高齢者に対し、親切に話しかけたり、話をじっくり聞いたりします。そうすると、ひとり暮らしで、普段、孤独と向き合っている高齢者は、孤独を癒やされた気持ちになります。詐欺業者は、そういった高齢者の心のすきまに入り込み、高齢者に、好意をもって、親切にしてくれたことに対して、誠意をもって対応しなければという気持ちにさせるのです。

詐欺業者は、高齢者の孤独感や親切心等をうまく利用するシナリオを作り、高齢者の気持ちを巧みに掴み、一度心を掴まれてしまった高齢者が、騙されていることに気付くのは容易ではありません。

騙されまいとしていても、詐欺業者の勧誘は巧みです。常に次のようなことを心がけて、悪徳業者に騙されないように気をつけてください。
①「高く売れる」などのうまいセールストークをうのみにしないこと。
②留守番電話などにすることによって、知り合いからの電話しか出ないようにすること。断っても執拗に電話を切らない場合には、相手が話している最中でも、電話を切ってしまいましょう。
③契約を検討する場合には、まずは、土地の登記情報を法務局で確認すること。そして、できる限り、自分や家族等信頼できる人の目で、実際に土地の現況を確認すること。
④土地の所在する自治体などに、業者が説明している根拠や背景が事実としてあるか問い合わせること。
⑤業者に対して、土地が高く売れることの具体的な根拠や契約内容等について書面で説明を求めること。

高齢者を「食い物」にする詐欺被害は後を絶ちません。おかしい、よくわからない、いつもと違うことが起こったと思ったら、民生委員やケアマネージャー、地域包括等日頃からお世話になっている人に相談しましょう。そして、不審な点があれば、消費生活センター(消費者ホットライン188)や専門家(弁護士)にすぐに相談を!
「あなたの土地、高く売れますよ!」 〜 心のすきまに入り込む詐欺業者には気をつけて!〜
弁護士 泉 希望子(いずみ きみこ) プロフィール
平成21年弁護士登録
愛知弁護士会消費者委員会所属
サクラサイト被害弁護団、カネボウ白斑被害弁護団など多数の弁護団に所属。

所属事務所:名城法律事務所春日井事務所
         愛知県春日井市松新町1-4ルネック2階
         Tel:0568-27-8784