gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
きずなカフェ
  • HOME >
  • きずなカフェ

きずなカフェでは、医療関連や法律関連を始めとした、様々なお役立ち情報を配信しております。
是非ご一読ください。

第19回詐欺メール・アダルト詐欺にご注意を―増加するシニアのネットトラブル

ITジャーナリスト・三上洋

 シニアのネットトラブルが増加しています。シニアがスマートフォンやタブレットを持つようになったことから、犯罪者はネットに不慣れな高齢者を狙っているようです。被害が目立つ3つのパターンを紹介します。

 アダルトサイト詐欺の相談上位は「60歳以上」

 右のグラフは、アダルトサイトの相談件数をまとめたもの(国民生活センター)。2011年以降の累計で見ると「60歳以上の男性」は8万件もあり、他の年齢層よりも圧倒的に多くなっています。アダルトサイト詐欺と聞くと、若者の被害が多いように思いがちですが、実は高齢者が狙われているのです。

 アダルトサイト詐欺は、ワンクリック詐欺とも呼ばれており「動画の再生ボタンをおしただけで登録させられた」「いきなり10万円の請求画面が出た」などの被害を受けます。恥ずかしい請求画面がスマホに常に表示されるなどのあくどい手口もあります。

 サイトへの誘導は多くがネット広告です。最近のネット広告は巧妙で、下から上に広告が動いて誤クリックさせようとしたり、広告を押さないとサイトが見れないなどの騙しの手口で詐欺サイトへ誘導しています。

 対策は、完全に無視することに尽きます。後払いで高額な請求画面が出ても動じずに、画面を閉じること。脅しの画面が出ても連絡する必要は一切ありません。サイト上に「キャンセルはこちら」「誤クリックでの解除はこちら」と書いてあっても無視してください。これは詐欺業者が、私たちの電話番号を収集するためのワナです。連絡せずに無視し、怖ければ国民生活センターに相談しましょう。

 警告音と全画面で脅し「サポート詐欺」に騙されるな

 この1年ほど目立って増えてきたのがサポート詐欺(偽サポート詐欺とも呼ばれる)です。一般サイトの広告に「パソコンがウイルス感染している」などと出て、クリックすると画面いっぱいに警告表示が出ます。「ウイルス感染しているのですぐに電話を」と書いてあり、「ピーー」という大きな警告音が鳴ります。

 初めて見た人はビックリしてしまうでしょう。画面いっぱいの警告表示は閉じることができないように見え、大きな警告音が鳴り続けるからです。怖くなって電話をすると、日本語がカタコトのサポート窓口なるところに繋がり「あなたのパソコンがウイルス感染している」「これから遠隔操作でチェックする」などと言われます。

 最終的には数万円のウイルス対策ソフト購入とサポート契約をさせようとします。しかし実際にはまったく動作しないウイルス対策ソフトであり、サポート契約も口先だけの偽物です。実際にはウイルス感染していないのに、していると騙して金を巻きあげる詐欺です。

 このような全画面表示・警告音が出たら、ブラウザ(ホームページ閲覧ソフト)を閉じましょう。ブラウザを閉じる方法がわからない場合は、スマホやパソコンを再起動すれば消えるはずです。それでも直らない場合は、ブラウザの設定画面から「キャッシュのクリア」を行えば元に戻せます。

 「アプリ領収書」「配達通知」などの偽メールに注意

 「出前の注文確定の連絡」「銀行からの大切なお知らせ」などのメールは本物のように見えますが、実はすべて詐欺メールです。

 出前サービス、ショッピングサイト、銀行、宅配便、アップルやグーグルからのアプリ領収書など、本物とまるで同じ文面・デザインの詐欺メールが届きます。このような巧妙な詐欺メールが、ここ1年ほど急激に増えています。

 間違えてクリックすると、本物のサイトとまったく同じデザインのサイトへ飛びます。そして「本人確認のためにパスワードを入力せよ」「不正利用された恐れがあるのでクレジットカード番号を入力」などの画面が出てきます。ここで個人情報を入力してしまうと万事休す。犯人に個人情報を知られ、クレジットカードを不正利用されてしまうのです。

 以前の詐欺メールは日本語が不自由なことが多く、見抜くことができました。しかし最近の詐欺メールは巧妙で、文面やデザインでは区別できません。送信元のメールアドレスや、誘導されたサイトのURLアドレスを見れば偽物だとわかりますが、スマートフォンだと表示されないことが多いために騙されてしまいそうです。

 対策はメールでの誘導を信じないこと。メールのリンクを押すのではなく、自分でブラウザから該当のサイトへ行き、本物かどうかチェックしましょう。またスマホではメールの長押しで送信元のメールアドレスを確かめ、本物のメールアドレスなのか確かめてください。

 このようにシニアを狙うネット詐欺が増えています。アダルト詐欺・サポート詐欺では、請求画面・警告画面を信じないで無視すること。詐欺メールは送信元を確かめることが重要です。合わせてパソコンではウイルス対策ソフトを必ず導入し、スマホでも有料にはなりますがセキュリティ対策アプリを導入することをお勧めします。対処方法がわからない場合は、国民生活センターの案内窓口「188(イヤヤ)」を通じて、各地の消費生活センターに相談しましょう。

※画像 アダルトサイトの年齢別相談件数(国民生活センター、2011年以降の累計)
第19回詐欺メール・アダルト詐欺にご注意を―増加するシニアのネットトラブル
三上洋(みかみ よう)プロフィール
1965年生。インターネットの安全対策・ネット事件・スマートフォンを専門とするITジャーナリスト。フジテレビ「とくダネ!」「バイキング」、テレビ朝日「モーニングショー」、TBSテレビ「ひるおび!」などでネットトラブルの解説・対策紹介を行っている。読売オンラインで一般向けネット安全対策「サイバー護身術」を長期連載(http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/)