gotop

  • 身元保証
  • 生活支援
  • 葬送支援
  • 弁護士法人による支援
  • ご相談・ご契約について
  • シングルライフ
  • よくあるご質問
 RSS
  • HOME >
  • きずな通信

Sさんの受診&お買い物

2016.09.28
本日は、会員S様の受診介助とお買い物で外出しました。
有料老人ホーム入居中のS様は歩行が困難なため、タクシー
に車イスを積んで近隣の総合病院へ向かいました。
受診を順調に済ませ、昼食を取った後に商店街でお買い物。
数か月振りで外出を楽しみにされていたS様。
日用品・食料品と施設のお友達へのおみやげまで、数袋分も購入されて、職員2名は背中にまで背負って、やっと施設まで戻ってきました。
S様はご希望のお買い物が出来て満足していただいたご様子です。
受診介助だけでなく、お荷物運びでも何とかお役に立てたでしょうか。
Sさんの受診&お買い物

ミニセミナー 練馬

2016.09.28
9月27日、練馬のココネリにて、きずなの会ミニセミナーを開催いたしました。
10名ほどの方々が参加してくださって、和気あいあいとした時間となりました。
個別のご質問もたくさんいただき、職員がお答えさせていただきました。

皆様、次回はぜひ池袋のきずなの会事務所へお越しください!
職員一同、お待ちしております。
ミニセミナー 練馬

きずなカフェ 第9回 アップしました!

2016.09.23
NPO法人「羽生の杜」を立ち上げた牧師さんの寄稿です。
埼玉の森の中、「羽生の杜」はあります。広い敷地を買い取って作られた森のコミュニティ。
ぜひ、一度訪ねて見てください!

記事はこちら
きずなカフェ 第9回 アップしました!

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

ホーム見学

2016.09.23
Sさんとホーム見学へ。

ご本人と職員2名でホーム見学に行きました。亡くなられた息子さんや奥様達が眠る寺からも近く、昔住んでいた家からもとても近いところです。ホームの皆様が待っていてくださって、皆でご挨拶をいただけ、緊張していた(?)Sさんも安心されたような様子でした。何を聞いてもとりあえず「ううん」と首を振るSさん。今日も「ここいいよね」と言うのに「ううん」と首を横に! いつものことなので、しばらくして再度聞くと、「いいよ」の返事。別れ際に素敵なホーム長さんが手を差し出すと、すかさず思い切り握り返していました!今日は体調がすぐれなかった様子でしたが、最期の握手で元気を取り戻した様子です。月末には入居になりそうです。
ホーム見学

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

『事務所説明会開催』

2016.09.20
下記日程にて、きずなの会の制度説明会を開催いたします。
お気軽にご参加ください。

日時:   
2016年10月8日(土)10時から11時
             11時から12時

内容はいずれも同様です。ご都合の良い日にご参加ください。
事前に、下記お電話にてお申込みください。

場所:きずなの会東京事務所 (池袋)電話 03-5911-3400
『事務所説明会開催』

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

千葉市セミナー

2016.09.15
2016年9月14日(水)

京葉銀行文化プラザにて、千葉市で初めて当会の身元保証制度・ミニセミナーを開催いたしました。

今回は、案内状を見て参加の方、地域包括から案内を受けた方、前回のセミナーにも参加された方からのご参加がありました。皆様、講師の話に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

ご参加いただきました方々、ありがとうございました。どうぞ、質問等今後思い出されましたら、東京事務所までお問い合わせください。なお、個人的なご相談はいつでもお受けいたします。併せてお問い合わせください。
きずなの会東京事務所 03-5911-3400
千葉市セミナー

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

Yさんへ、何度目かの面会です

2016.09.13
Yさん、外科手術後のリハビリ期間中、夕食後にひとりでベッドサイドで立ち上がったところ、転倒されてしまいました… 
本人いわく「急にすーっと力が抜けてしまって…だめだね…」と、たいへん元気を無くされています。

診断結果は大腿部頸部骨折。ご高齢の方にたいへん多い骨折です。
外科手術後の快復を待って、整形の手術も行うこととなってしまいました。

去年まで自転車に乗って、どこへでも出かけていたというYさん。
またご自分の足で歩けるように、ゆっくり療養いたしましょう!
Yさんへ、何度目かの面会です

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

会員Tさんの外出介助

2016.09.10
Tさんの補聴器調整に同行しました。
長い距離の歩行が困難なので、車椅子をタクシーに積んで私鉄の駅前へ。

「新品電池がたった2日間で消耗する!」とTさんが主張される問題の補聴器。
補聴器自体の使い方には問題ないようで。。。
補聴器の店員さん曰く、「補聴器に問題ナシ。ご希望ならメーカー送りで詳しく調べますが。。。」
実はTさん、ご自身でお持ちの「簡易電池容量測定器」なるもので、事あるごとに電池容量を測っており、
その測定器の異常で「残量ナシ表示」が点灯。まだ使える電池を次々捨てるハメになっていたと、判明。
原因がわかって無事補聴器問題が解決。

その後、昼食、日用品の買物、そして奥様の仏壇の生花を買って施設に戻りました。

Tさん、お悩みの補聴器問題が解決して本当によかった!
会員Tさんの外出介助

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

Yさんへ面会

2016.09.05
先日から入院中のYさんに面会をしました。

肺に水が溜まり、心臓機能低下があって酸素吸入、全身むくみが有る状態です。
ベッド上でも自力で起き上がりが出来ず。精神的不安が強くなり、
大事な黒カバンを抱え、死ぬ死ぬ連呼して看護師さんの手を握り締めています。

認識、意志疎通はなんとかOK。外科から内科への病室移動を予定しています。
今日職員を呼んでしたかった事は、「もし死んだら○○さんに言ってくれ」と
あれこれの伝言を渡すことでした。(職員の○○は夏休み中でした)
「大丈夫! 何があってもきずなの会がついているから」と
職員は力強くYさんに言いましたが、理解していただけたでしょうか・・・
Yさんへ面会

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。